顔写真

プロフィール

坂井もとえ
1976年2月生まれ
京都府出身
2016年滋賀県→神奈川県秦野市へ
小学生の息子と夫の3人暮らし

ベビーマッサージを始めたきっかけ

私がベビーマッサージインストラクターになったのは、こどもとたくさん触れ合いたい!と思ったからです。私は結婚後なかなかこどもができませんでした。アロマセラピストの資格を持っている私は不妊治療をしながらアロマセラピストとして活動を続けていました。人に触れる・触れられるって素敵なこと。 気持ちというのは言葉だけじゃなく手からも伝わる のだなあ。とひしひしと感じていました。そしてベビーマッサージというものがあることを知り、私にもこどもができたらぜひベビーマッサージをしたいなあ。と思い、今はこどもがいなく時間はたっぷりとあるのだからどうせなら!とベビーマッサージインストラクターの資格を取りました。たくさんの赤ちゃんに触れていたおかげか、ありがたいことにこどもを授かることができたので息子が生まれてすぐからベビーマッサージをしていました。子育てをしながら「これでいいのかな?」なんて不安に思うこともあったのですが、 息子とニコニコ見つめ合いながらマッサージをしたり手遊び歌をする時間は満ち足りていて幸せな時間でした 

けいたとベビマ

こどものためでもあるけれど、振り返ってみれば私が一番癒されていたようにも思います。小学生になった今でもマッサージは続けています。毎日ではないけれど成長痛の時、息子が不安になった時、私が寂しくなった時(笑)などに「大好きだよ!」の思い込めてマッサージをしていて、 親子の大切なコミュニケーションツール の1つになっています。

子育てはその時その時で悩みが出てきます。そんなことするつもりはなくても、気が付いたらよその子と比べていて不安になったり。

よそのおうちのママがキラキラ見えて自分が情けなくなったり。

イライラして怒ってばかりの自分はダメママなんじゃないかと自信喪失してしまったり。

いろいろ出てきます。私もほんとにそうでした。

でも、そんな時に助けてくれるのがマッサージの時間。こどもの柔らかい、温かい肌に触れ、楽しい時間を一緒に過ごすことでトゲトゲした気持ちがす~~っと癒されていきます。それは子どもも一緒だと思います。

こどもはママのことが大好きです。そんなママの手は 「魔法の手」 。大好きなママから愛情たっぷりに、「がんばってるの知ってるよ」「大丈夫だよ」って優しく触れてもらうことで不安やストレスが飛んで行ってしまいます。

ママからの愛情をしっかり受け止め感じながら育ったこどもは、自分のことも他人のことも信頼できるようになります。
 ママやパパからたくさん触れられて愛された記憶は、こどもたちの大事な大事な根っことなり、これからの人生を力強くたくましく生きていけるようにしてくれます。 「僕なんて・私なんて」というネガティブな感情を持ちにくくなります。

子育ては楽しいばかりじゃなく、大変だったり、時にはわけもなくイライラが止まらなかったり、泣きたくなることもあります。(実際泣いちゃうこともあります)完璧なこどももいなければ、完璧なママもいません。 子育てをしながら徐々にママになっていき、こどもと一緒にママも成長していくものだと思っています。私の子育てを通して経験してきたこと、インストラクターとして学んできたことが育児中のママさんのお役に立つことができ、安らぎを与えることができたら嬉しいです。 

心をこめてふれるタッチケア(ベビーマッサージ・キッズマッサージ)は体をリラックスさせるだけじゃなく、安心感やこころの安らぎを与えてくれます。ベビー期に限らず何歳になっても、また何歳からでも行うことがでるのが魅力です。

取得資格
2009年  ホリスティックケアプロフェッショナルスクール認定プロフェッショナルアロマセラピスト
2010年  KAF主催ベビーマッサージインストラクター
2010年  ホリスティックコミュニケーション実践セミナー修了
2018年  骨盤調整ヨガインストラクター
2019年 JAHA協会認定ベビーヨガ&ママヨガインストラクター
経歴
・レディースクリニックでアロマトリートメントを行う
・デイサービスでアロマトリートメントを行う
・緩和ケア病棟でアロマトリートメントを行う
・イベントなどでハンドマッサージ体験会
・カルチャースクールでハンドマッサージ講座
・小学校や幼稚園などでアロマクリーム作り&ハンドケア講座
・カルチャースクールでベビーマッサージ教室
・子育てサークルでベビーマッサージ教室
・ホットヨガスタジオでベビーマッサージ教室
・自宅、公民館、カフェなどでベビーマッサージ教室、ベビママヨガ教室

Sourireスリールのベビーマッサージblog

私の子育て奮闘記