顔写真

はじめまして

はじめまして、坂井もとえです。京都出身で小学生男子のママです。大学卒業後はOLをしたり、アパレル系で働いたり、輸入食料品会社で働いたりしていました。海外旅行や美味しいものを食べることが大好きな40代です。31歳で結婚をしたのですが、なかなかこどもができませんでした。夫もアレルギーがひどくなり体調を崩していたこともあり、生活を見直そう!と仕事を辞めることにしました。ですが、ただ辞めるだけでは人生がもったいない。とやりたいことを見つけようと思い考えた結果、人に触れることが大好きで癒しにも興味をもっていたのでアロマセラピストになる道を選びました。不妊治療をしながらアロマセラピストとして活動を始め、人に触れる・触れられるというのは本当に素晴らしいことで、人は誰でも優しく触れられ大切にしてもらうことで癒されていくんだなぁと気づきました。気持ちというのは言葉だけじゃなく表情や手からも伝わるのだなあ。とひしひしと感じました。

ベビーマッサージをはじめたきっかけ

私がベビーマッサージインストラクターになったのは我が子とたくさん触れ合いたいと思ったからです。不妊治療中でしたが、私にもこどもができたらベビーマッサージをしたいなあ。と思い、今はこどもがいなく時間はたっぷりとあるのだからどうせなら!とベビーマッサージインストラクターの資格を取りました。たくさんの赤ちゃんに触れていたおかげか、ありがたいことにこどもを授かることができたのでこれもベビーマッサージの恩恵かなと思っています。子育てをしながら「これでいいのかな?」と子育てに自信が持てず不安に思うこともあったのですが、息子とニコニコ見つめ合いながらマッサージをしたり触れ合い遊びをしているととても幸せで前向きになれました。けいたとベビマ

こどものためにと思ってしていたベビーマッサージですが、振り返ってみれば私が一番癒されていたように思います。小学生になった今でもマッサージは続けていて、成長痛の時、息子が不安になった時などに「大好きだよ!」の思い込めてマッサージをしています。息子に触れながら「ずいぶん大きくなったな~」と息子の成長を感じたり、背中が硬かったりすると緊張することがあったのかな。とか肌からいろいろなことを感じることができ、頑張ってるんだな~。ささいなことで怒らずに優しくしてあげよう。って思うことができます。

子育てはその時その時で悩みが出てきます。そんなことするつもりはなくても、ついよその子と比べてうちの子は大丈夫なんだろうか?と不安になったり。

イライラして怒ってばかりの自分はダメママなんじゃないかと自信喪失してしまったり。けれど、こどもの柔らかい、温かい肌に触れ、楽しい時間を一緒に過ごすことでトゲトゲした気持ちがお互い癒されていくのがわかります。

ママの手は魔法の手

こどもはママのことが大好きです。そんなママの手は 「魔法の手」 。大好きなママから愛情たっぷりに、「がんばってるの知ってるよ」「大丈夫だよ」って優しく触れてもらうことで不安やストレスが飛んで行ってしまいます。

ママからの愛情をしっかり受け止め感じながら育ったこどもは、自分のことも他人のことも信頼できるようになります。
ママやパパからたくさん触れられて愛された記憶は、こどもたちの大事な大事な根っことなり、これからの人生を力強くたくましく生きていけるようにしてくれます。「僕なんて・私なんて」というネガティブな感情を持ちにくくなります。

 

心をこめてふれるタッチケア(ベビーマッサージ・キッズマッサージ)は体をリラックスさせるだけじゃなく、安心感やこころの安らぎを与えてくれます。ベビー期に限らず何歳になっても、また何歳からでも行うことがでるのが魅力です。

取得資格
2009年  ホリスティックケアプロフェッショナルスクール認定プロフェッショナルアロマセラピスト
2010年  KAF主催ベビーマッサージインストラクター
2010年  ホリスティックコミュニケーション実践セミナー修了
2018年  骨盤調整ヨガインストラクター
2019年 JAHA協会認定ベビーヨガ&ママヨガインストラクター
経歴
・レディースクリニックでアロマトリートメントを行う
・デイサービスでアロマトリートメントを行う
・緩和ケア病棟でアロマトリートメントを行う
・イベントなどでハンドマッサージ体験会
・カルチャースクールでハンドマッサージ講座
・小学校や幼稚園などでアロマクリーム作り&ハンドケア講座
・カルチャースクールでベビーマッサージ教室
・子育てサークルでベビーマッサージ教室
・ホットヨガスタジオでベビーマッサージ教室
・自宅、公民館、カフェなどでベビーマッサージ教室、ベビママヨガ教室

Sourireスリールのベビーマッサージ ブログ

私の子育て奮闘記